比例代表区と山田かずお福井選挙区候補の併用の事務所を福井市の党福井県委員会事務所1階に開設しました。

6月22日公示(7月10日投票)が見込まれる参院選の必勝をめざして4日、福井県の日本共産党は、比例代表区と山田かずお福井選挙区候補の併用の事務所を福井市の党福井県委員会事務所1階に開設しました。

 

山田候補は事務所前で、集まった党員や後援会員らと頑張ろう三唱を行い、比例5議席と自身の勝利に向け、気勢を上げました。たけだ良介参院議員・比例代表候補のメッセージが紹介されました。

山田候補は、ロシアのウクライナ侵略に乗じた9条改憲や軍拡の策動に対し、「憲法9条を変えることは、戦争に近づくことだ」と批判し、暮らし応援では、消費税5%減税や賃上げを強調し、「最後まで、みなさんといっしょに声を上げていきます」と訴えました。

参院選と同日投票で行われる越前市議選と永平寺町議選の勝利に向け、かとう吉則市議候補が、前田修治市議候補、金元なおえ町議候補を代表して「山田候補とともに力いっぱい頑張りたい」と訴えました。

 

各後援会があいさつし、女性後援会は「『憲法9条守れ』『核兵器禁止条約の批准を』の私たちの願いは、選挙に勝たなければ叶わない」、民医連有志後援会は「憲法の理念を生かし、人権が尊重される公正な社会を」と訴えました。